CPAオフィスFYI

国際税務

米国税務申告 税金の払い戻し対象の人やケースを解説

米国税務申告書を提出する必要がなかったために、連邦所得税の納税申告書を提出しないことを多くの人は選択する可能性があります。通常、IRS(米国内国歳入庁)へ申告する所得がなかったなど適切な理由で提出を怠っても罰則はありませんが、それら所得の税金を払っていた場合...
国際税務

アメリカ確定申告の期限はいつですか、延長できますか?

アメリカ確定申告で、個人納税者は、1年間に得た所得を、翌年4月15日にまで提出しなければなりません。4月15日が土曜日、日曜日、祝日の場合、翌営業日が提出期限となります。法人で暦年採用の場合、4カ月目の15日、6月30日の事業年度を採用の場合は、3カ月目の15日が提出期限となります。アメリカで収入があった日本人
国際税務

キャピタルゲイン、キャピタルロスの節税対策と繰延べ-USタックスリターン-

資産を売却してより多くのキャピタルゲイン(売却益)を得ることを私たちは常に望みますが、キャピタルロス(売却損)になった場合でも必ずしもそれが最悪の事態ではありません。適切なタイミングでキャピタルゲインとキャピタルロスを管理することで、損失を最大限に活用することができます。そうすれば、支払う税金の総額を減らすことができ
国際税務

アメリカ連邦所得税率、キャピタルゲイン税率の変更点 2022年

内国歳入庁(IRS)は、連邦所得税率及び各区分(tax bracket)を公表しました。アメリカ確定申告をする場合、2022年新しくなった連邦所得の税率と区分、キャピタルゲイン税率と区分、標準控除について解説します。米国に住んでいるアメリカ人と同じように日本に住んでいる場合もアメリカ確定申告が必要です。IRSによるイン
国際税務

アメリカ確定申告に日本の贈与、相続を情報開示していますか?

日本から贈与や遺贈、相続などで現金、不動産などの資産を受け取った米国人、米国籍者、永住者等で、連邦相続税及び、連邦遺産税を払う必要がなかった場合も、一定額の資産を受け取った際はアメリカへ情報開示する義務があります。アメリカ確定申告時に、FATCA、FBAR(FinCENフォーム114)とは別に詳細情報を記載し別途提出し
国際税務

アメリカ確定申告で日本の金融資産を報告してますか?FATCAの要件

FATCAは、外国金融資産が一定額を超える納税者のアメリカ確定申告で報告します。米国外に金融資産を保有する特定の納税者、米国籍者や米国法人は、 外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act) の下で、米国内国歳入庁(IRS)に資産を報告する必要があります。
国際税務

アメリカ不動産の売却、海外資産投資、遺産に関する税金

アメリカに所有する土地や建物などの不動産、資産を譲渡、売却した場合、日本に居住していても何もしなければ日本とアメリカで二重課税されます。米国不動産の賃貸収入、有価証券にも日米双方で課税されます。資産を取得し、保有する前に考慮しなければならないのは、不動産の利益還元時の税金、処分時の税金、死亡時の財産移転に伴う税金です。
国際税務

監査対象になる可能性が高い納税者とは?アメリカ確定申告

アメリカの確定申告、タックスリターンをIRSに提出したら直面する可能性のある「IRS監査」。 IRSによるの監査は一般的ではありませんが、過去数十年間でアメリカ確定申告書の提出件数は増加しています。2020年IRS最新統計によると、監査に対応する人員は減少傾向にあり、監査を受ける可能性は毎年減少しています。
国際税務

米国新型コロナ経済対策の支援金(EIP)の解説

米国新型コロナ経済対策の支援金(Economic Impact Payments)の2020年最初の2回は、米国籍者、アメリカ人など対象となる人々は、すでに連邦政府発行の小切手を受け取るか銀行口座に直接振込みを受けています。 まだ米国新型コロナ経済対策給付金を受け取っていない場合は、資格の有無を確認し必要な手続
国際税務

アメリカ州税の還付金はいつですか?Where’s My State Refund?

米国州税の還付金をいつ受け取るかは申告方法や提出時期など、いくつかの要因によって異なります。電子申告で提出した場合には 紙の確定申告で郵送した場合よりも早く払い戻しを受けることができます。米国の州税の還付金の状態は、オンラインまたは電話で払い戻しのステータスを確認できます。
国際税務

連邦税の還付金の払い戻しはいつですか? ー Where’s My Refund ー

アメリカの確定申告書を提出し還付金のある場合、数カ月たっても何の連絡もないとIRSに届いているのか、払い戻しを受けられるのかなど大変気になります。 IRSが最新の税務申告書類をアップロードしてすぐに確定申告書を提出した場合は、既に連邦税の還付金を受けと...
国際税務

アメリカ確定申告する必要はありますか?

米国居住者、アメリカ市民の場合は全世界所得が対象となり日本での所得を含むすべての収入がアメリカ確定申告の対象となります。一方、非居住者の場合は米国の収入だけがアメリカ確定申告の対象となります。しかし全てのアメリカ人、アメリカに関連する収入がある日本人が申告する必要がある訳ではありません。タックスリターンの判断は米国居住
国際税務

外国金融資産の報告 FBARの提出要件とペナルティー

アメリカ確定申告は米国人や米国居住者、米国の法人にとってよく知られていますが、米国外に持つ金融資産の報告(Foreign Bank Account Report : FBAR)は見落されがちです。 大したことはないと思うかもしれませんが、FBAR申告をしていないと厳しい罰則につながる可能性があります。FBARレポート
国際税務

海外で宝くじやカジノの賞金を獲得!差し引かれた税金は返ってくるの?

海外でカジノで賞金を獲得したり宝くじが当選した場合、多額のお金を受け取り経済的自由を与えられるかもしれません。特に何も対策をしなければ、アメリカ連邦政府は米国居住者の場合、賞金から24%、米国非居住者の場合30%の税金を課します。それに加えて州や地方政府は賞金の一部に課税します。獲得した金額が大きければ大きいほど、かな
国際税務

アメリカ確定申告で注意! 個人納税者番号 ITINの有効期限

アメリカの個人納税者番号であるITIN(Individual Taxpayer Identification Number)には有効期限があります。いざアメリカ確定申告する時に既に失効している場合があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。ITINが失効した場合にはいつでも更新することができます。