米国の納税義務について知らなかったのですが、罰せられますか? Streamlined Procedure

納税義務を知らずアメリカ確定申告をしていなかったからと言って、罰金が常に課されるわけではありません。
米国内国歳入庁(IRS)は米国外に居住するアメリカ人、米国籍者、永住者の多くが申告義務について知らないことを認識しています。そのため、米国の税法を遵守する人々には罰則を回避するための優遇措置が提供されています。税務申告書を提出しなければならないこと、海外金融資産の報告をしなければならないことを知らなかった場合は、IRSのアムネスティ・プログラムであるStreamlined Proceduresを受ける資格があるかもしれません。

IRS Streamlined Procedures とは何ですか?

Streamlined Procedureは、米国市民、永住者または米国税法に該当する人々が、過去に税金を支払わなかったことを迅速に解決するための合理化されたプログラムです。納税者の違反が故意ではなかったことを証明できる場合に限り、税務申告書が未提出であった、海外金融資産を報告していなかったことに対するペナルティを回避することができます。
さらに、IRSは、FBARを提出しなかったことに合理的な理由があり、それが故意、過失によるものではないと判断した場合、FBARのペナルティを放棄する場合があります。

FBARについてはこちらをご覧下さい。

提出することを知らなかった場合は、Streamlined Procedures による3年間の滞納税申告書または修正申告書と、過去6年間のFBARを提出することによって、違反に合理的な理由がある場合、未提出、支払いの不履行、または遅延に対して税罰および罰金は課されません。

この合理化されたプログラムがなければ、米国税法上の納税者は、IRSの信頼を回復するために複雑で長い手続きを経なければならないでしょう。米国の法律に違反するつもりがなかった納税者が、複雑な手続きに取り組むことなく迅速にコンプライアンスを遵守し罰則を回避できるように設計されています。

Streamlined Procedures は、米国内 (Domestic) と米国外 (Foreign) 居住者の Streamlined Domestic Offshore Procedures と Streamlined Foreign Offshore Procedures の2つの選択肢があります。
米国内居住者のStreamlined Domestic Offshore Procedures には税務申告書およびFBARに5%のペナルティが発生する場合がありますが Streamlined Foreign Offshore Procedures には申告書を提出しなかったことで罰せられることがありません。

Streamlined Foreign Offshore Proceduresの要件

Streamlined Foreign Offshore Procedures の手続きに入るためにはいくつかの要件があります。
納税者は個人納税者であり、

  1. すべての所得の報告、すべての税金の支払い、およびすべての情報申告書(FBARを含むがこれに限定されない)の未提出が故意でない。
  2. IRSによる納税申告書の民事審査(監査)を受けていない。
  3. 有効な納税者識別番号(SSN, ITIN)を持っている。
  4. 非居住要件を満たしている。

これらの要件はすべてプログラムに参加するために必要です。4の非居住要件を満たすためには、米国市民が、米国の納税申告書の期日が過ぎた直近の3年間で、その人が米国内の居住地を持たず少なくとも330日間米国外にいたことを示すことができなければなりません。

Streamlined Foreign Offshore Procedures 準備のためのアドバイス

過去の米国税務申告および外国金融資産報告に準拠していない、米国外に居住するアメリカ人、米国市民、永住者にとって、Streamlined Foreign Offshore Procedure はIRSに救済を求めるための合理的な手段です。
ただし、それが意図的であるか非意図的であるかということはしばしば問題となります。滞納税申告書または修正申告書、情報申告書などの一部として提出しなければならない陳述文に関しては、特に慎重な検討と分析が必要です。

また、これらの書類を準備する場合、納税申告書が完全で、誤りがなく、正確であり誠実さに基づいて作成されていることが重要です。適切に提出された申告書が、監査対象として選択されたとしても、IRSが元の税務違反が詐欺的であった、およびFBAR違反が故意であったと判断しない限り、納税者は、これらの申告書に報告された金額に関する不履行および支払不履行の罰則または正確性関連の罰則、情報申告の罰則またはFBARの罰則の対象にはなりません。
この基準を満たさないと、一般的にIRSによる徹底的な検査につながります。審査の結果、虚偽の陳述が発見された場合、民事詐欺の罰則、遅延罰金、利息、および刑事罰につながる可能性があります。