アメリカ確定申告

国際税務

アメリカ不動産の売却、海外資産投資、遺産に関する税金

アメリカに所有する土地や建物などの不動産、資産を譲渡、売却した場合、日本に居住していても何もしなければ日本とアメリカで二重課税されます。米国不動産の賃貸収入、有価証券にも日米双方で課税されます。資産を取得し、保有する前に考慮しなければならないのは、不動産の利益還元時の税金、処分時の税金、死亡時の財産移転に伴う税金です。
国際税務

アメリカ確定申告する必要はありますか?

米国居住者、アメリカ市民の場合は全世界所得が対象となり日本での所得を含むすべての収入がアメリカ確定申告の対象となります。一方、非居住者の場合は米国の収入だけがアメリカ確定申告の対象となります。しかし全てのアメリカ人、アメリカに関連する収入がある日本人が申告する必要がある訳ではありません。タックスリターンの判断は米国居住
国際税務

海外で宝くじやカジノの賞金を獲得!差し引かれた税金は返ってくるの?

海外でカジノで賞金を獲得したり宝くじが当選した場合、多額のお金を受け取り経済的自由を与えられるかもしれません。特に何も対策をしなければ、アメリカ連邦政府は米国居住者の場合、賞金から24%、米国非居住者の場合30%の税金を課します。それに加えて州や地方政府は賞金の一部に課税します。獲得した金額が大きければ大きいほど、かな
国際税務

アメリカ確定申告で注意! 個人納税者番号 ITINの有効期限

アメリカの個人納税者番号であるITIN(Individual Taxpayer Identification Number)には有効期限があります。いざアメリカ確定申告する時に既に失効している場合があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。ITINが失効した場合にはいつでも更新することができます。
国際税務

アメリカ税金の免除・減免手続と有効期限(Form W-8BEN / W-8BEN-E)

米国税務では居住者・非居住者・国籍等によって確定申告をはじめとする書類、申告期限、控除、仕組みが違います。 米国非居住者(日本居住者)や非居住法人が、アメリカで収入を得た場合、それらの収入に対して課税されます。日本は米国と租税条約を締結しているので源泉...
IFRS・国際会計

アメリカで会社設立する時に知っておくべき 主要な事業形態と課税方法

 アメリカで事業を始める場合、連邦税(Federal tax)、州税(State tax)、地方税(Local tax)などの税務面とビジネスの観点からどのような事業形態を選択すれば最も良いかというのは悩むところです。 アメリカでは、日本と同じ会社形態...
国際税務

米国納税者番号TIN (ITIN, EIN) 申請が必要なケース

ITIN 個人納税者番号、EIN 法人納税者番号 、SSN 社会保障番号の3つが米国連邦納税者番号TINです。アメリカで確定申告(US Tax return)の際に日本のマイナンバーのように必要な番号です。ITINとEINは内国歳入庁(IRS)、SSNは社会保障局によって割り当てられています。ITIN取得代行, EIN
国際税務

アメリカ所得税の確定申告(US Tax Return/EIN,ITIN)

アメリカで源泉所得があった日本国内の個人は、非居住外国人として所得税申告書(Form1040NR)を米国内国歳入庁(Internal Revenue Service:IRS)へ提出します。 アメリカで事業収入や商取引がある日本の法人や個人事業主等は外国...
国際税務

アメリカ個人所得税の申告資格と税率一覧

Federal Individual income tax 米国市民および居住外国人は、全世界所得(Worldwide income)に対して、米国個人所得税(Individual income tax)の納税義務が生じます。 個...
IFRS・国際会計

米国の法人税 基礎知識とトレンド

企業の誘致競争を背景に法人税率の引き下げ、フラット化が世界的な潮流となっています。 アメリカでも2017年税制改革(Tax Cuts and Jobs. Act )によって連邦法人税が35%から一律21%へ減税になりました。 連邦法人税は一律ですが、個人所...
国際税務

国際税務 日本法人税と米国法人税の基本的な違い

近年、日本を含むOECD(経済協力開発機構)加盟国では、税源浸食と利益移転(Base Erosion and Profit Shifting : BEPS)への取り組みやデジタル課税(Digital Services Tax)の導入に向けた動きなど、世界的...